建仁寺、双龍図

14 大いなる哉「建仁寺」

――今しかできないことを、たくさんするんだよ。
 
別れ際に聞いた間崎教授の言葉が、切れかけの電球のように、ちかちかと頭の中で点滅していた。
 
どうしてだろう。指導者らしい言葉を聞くのは初めてではないのに。恵文社で出会った時にも、同じようなことを言われたはずなのに。そう、そうよ。「今しかできないことをしなさい」なんて、大人がよく使う、常套句のはずなのに。
 
その声はとても力強くて、だけどどこか切なくて、過ぎていく時間を惜しむ気持ちや、どうにもならない過去への後悔が、ほんの少しだけ、紛れ込んでいるような気がした。どうしてそんなことを感じたのかは分からない。出会ったばかりの頃だったら、気づかなかったかもしれない。友人のように1日を過ごしたからかしら。普段とは違う教授の一面を見て、なんとなく、いつもと違う何かを、感じ取ってしまったのかしら。
 
 
 
 
 
身支度を整えて、最後に首からカメラを下げると、ストラップについているこん様が、はしゃぐようにゆらゆらと揺れた。
 
(どこに行くんですか、琴子さん)
 
「今日は、宿題を片づけにいくんですよ」
 
ひとりごとをつぶやきながら、カメラにぶら下がったこん様のぬいぐるみをそっと撫でる。ぴょこんと飛び出た2つの耳と、愛くるしい表情を見ていると、意思なんてないはずなのに、無性に話しかけたくなってしまうのだ。一度、夢でこん様と会話をしたせいかしら。頭の中に声が聞こえるような。動かせないはずの口で、何かを必死にわたしに伝えようとしているような気がしてしかたがない。
 
部屋を出る前に携帯電話を開いて、1枚の画像を目に焼きつけた。屋根瓦の上に並んでいる、「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿。この三猿を見つけることが、教授から与えられた宿題だ。場所を特定するようなものは何も写り込んでいない上に、教授から与えられたヒントは「祇園周辺」。たったそれだけ。
 
祇園には何度か足を運んだことがあるけれど、こんな三猿、いたかしら。よく考えたら、わたしが知っているのは四条通くらいだし、祇園というエリアにどんな店や寺社があるのかは、いまいちよく分かっていない。祇園「周辺」と言うくらいだから、わたしが行ったことのないような場所にあるのかも。そんなことを考えながら、こん様とともに部屋を飛び出した。
 
 
 
 
 
大学生にとっては夏休みだけれど、他の人にはただの平日。それなのに、着物で歩く人々の姿や、都路里の抹茶パフェを求める行列が見られるのは、ここが特別な場所だからだろう。
 
祇園といえば、京都の代表的な繁華街、そして日本の和の象徴。八坂神社を東に、鴨川へと続く道にはおうすの里、都路里、よーじや。その他にも南座や祇園花月、おばんざいのお店など、体がいくつあっても足りないくらい、魅力的な建物がずらりと並んでいる。
 
久しぶりに祇園の雰囲気を味わおうと、しばし宿題のことを忘れて四条通をぶらりと歩くことにした。カランコロン京都で和雑貨を選んだり、永楽屋でかわいらしい手ぬぐいを眺めながら、時折屋根の上に視線を向ける。さすがに、この通りにはなさそうだ。
 
四条通を往復してから、南北に伸びる花見小路通に足を踏み入れた。石畳が敷かれていて、京都風の町家がずらりと立ち並んでいるこの場所は、時折舞妓さんがはんなりと歩く、祇園の中でも特に情緒溢れる空間だ。
 
ピークは超えたといえども、まだまだ暑い京都の夏。容赦なく照りつける太陽に目を細めながら南に下っていくと、5分ほど歩いたところで、行きどまりに突き当たった。
 
『臨済宗大本山 建仁寺』
 
大きくかまえるその門は、建仁寺の入り口だった。建仁寺、建仁寺。確か、どこかで聞いたことがあるわ。ここにあることは薄ぼんやりと知っていたけれど、そういえば、中に入ったことは一度もない。三猿がいるかどうかは定かではないけれど、せっかくなら、立ち寄ってみようかしら。
 
立ちどまっているわたしを追い越して、たくさんの人がどんどん門に吸い込まれていく。そうよ、何をためらう必要があるの。わたしは両手でカメラを包み込み、意を決して中に入った。
 
 
 
 
 
「写真撮影は、ご自由にしていただいてかまいませんよ」
 
拝観料を納めると、わたしの持っているカメラに気づいたのか、受付の方がにっこりと笑いかけてくれた。ありがとうございます、と軽く会釈して、パンフレットを受け取る。すべて撮影可能なんて、めずらしい。確か、宇治にある興聖寺もそうだったかしら。わたしにとって、とてもありがたいことである。
 
人の動線に従って進んでいくと、金色の光が、ぼうっと浮かび上がっていることに気づいた。近づいて見てみると、それはかの有名な、俵屋宗達の風神雷神図屏風だった。パンフレットの表紙にもなっている風神様と雷神様が、迫力満点に描かれている。貼りつけられた金箔が、二神の威厳さを一層際立たせていて、本当にこの場に存在しているみたい。教科書やテレビで何度か目にしたことはあるけれど、実際にこうして見てみないと、本当のすばらしさは分からないものね。
 
ふと、あたりを見ると、一眼レフを持っている人たちが、同じように風神雷神図屏風を撮っていた。若い人から年配の方まで、年齢層はさまざまだ。写真撮影が許可されているから、かしら。弾けるようなシャッター音が、あちらこちらから聞こえてくる。
 
隣にいる男性の首にかかっている、カメラのストラップが目に留まった。「Canon EOS 6D」と書かれている。手元を見ると、案の定、わたしと同じ機種のカメラを持っていた。何歳くらいだろう、わたしの父と同じくらいか、それより若いか。わたしの視線に気づくことなく、何度も、何度も。少しずつ角度を変えて、シャッターを切っている。
 
この人に負けないように、たくさん写真を撮らなきゃ。そう奮起して、わたしはカメラのファインダーをのぞき込んだ。
 
 
 
 
 
「京都最古の禅寺、建仁寺」。パンフレットの表紙には、そう書かれていた。
 
(臨済宗建仁寺派の大本山で、開山は栄西禅師。創建当時は天台・密教・禅の三宗兼学でしたが、11世住職として蘭渓道隆が入寺した時から、純粋な臨済禅の道場となったのですよ)
 
こん様が、小さな体を揺らしながら、物知り顔でそんな解説をしてくる。まるでどこかの誰かさんみたいに。教授の分まで頑張ろうとしてくれているのね、きっと。
 
(「大いなる哉心や」という、栄西禅師のお言葉の意味が分かりますか)
 
――心は大きいなぁ、ということですか?
 
首を傾げると、こん様はあきれたようにぶんぶんと尻尾を振った。あら、そんなところまで教授の真似をしなくてもいいのよ。
 
(「大いなる哉心や、天の高きは極むべからず、しかるに心は天の上に出づ」……なんと心は大いなるものか。天の高さは極めることができないほど高い。けれど心はその上に出ることもできる)
 
「……素敵な言葉ですねぇ」
 
心に思った言葉が、そのまま、ぽろりと口から漏れた。そうでしょう、琴子さん。こん様が満足そうにうなずく。
 
天ははるかに高く、わたしたちの力の及ぶところではないが、心というものは、もっと計り知れないのだ。心は、人間という器以上に、大きなもの。喜んだり、悲しんだり、怒ったり、なんと、尊いものでしょう。
そんな意味が、この言葉には、込められているのだ。
 
確かに、そうね。空の高さも海の広さも、わたしには分からないけれど、それらに負けないものを、わたしたちは持っているのね。天気のようにころころと変わる、この心。自分の心も他人の心も、自然と同じように、すべてを把握することはできない。世界の果てにある絶景を見て美しいと言う人は多いけれど、それと同じくらい美しくて、壮大なものが、わたしたちの中に宿っている。心って、まるで、奇跡ね。
 
こん様と一緒に写真を撮りながら、堂内をぐるりとまわった。海北友松の手によって描かれた雲龍図、花鳥図などの襖絵も、潮音庭(ちょうおんてい)と呼ばれる枯淡な庭も、ありがたいことにすべて撮影が可能。堂内が広いため、拝観者がいてもさほど気にならず、ゆっくりと写真を撮ることができる。
 
カメラを持って歩き回っていたら、ふと、怪しい文字の書かれた板が目に留まった。
 
「○△□乃庭」
 
……これは、何かの暗号かしら。
伏字? それとも……。
 
(まる、さんかく、しかくの庭、と読むんですよ)
 
パンフレットをめくったら、こん様の小さな声が頭の中に響いた。
 
(丸、三角、四角。これは宇宙の根源的形態を示していると言われているんです。禅宗の四大思想である地水火風を、地は四角、水が丸、火は三角で象徴したものとされていて……)
 
「ということは、あの砂の模様が丸で、井戸が四角で、端にある盛り土が三角……」
 
(こら、ちゃんと最後まで聞きなさい。琴子さん、こら)
 
一つ一つ、指さしながら、その形を確認する。なるほど、確かに、○、△、□の庭。何かのパズルかと思ったけれど、ちゃんとした意味があるようだ。こういうところが、奥深くて、おもしろい!
 
 
 
 
 
方丈を一周したら、最後は、拈華堂(ねんげどう)と呼ばれる法堂へ。どきどきしながら中に入ると、先に来ていた拝観者たちが、そろって天井を見上げている。つられて顔を上げたわたしは、目に飛び込んできた光景に、あっ! と大声を出しそうになった。
 
天井いっぱいに描かれていたのは、巨大な2体の龍だった。阿吽の龍が、雲の合間を縫うように絡み合って描かれており、今にもこちらに向かって飛び出してきそうだ。
 
(これは双龍図。小泉淳作氏によって描かれたもので、大きさは畳108枚分にもなるんですよ)
 
「108枚分!」
 
こんなに大きな龍、一体どうやって描いたのだろう。大スクリーンの映画館でも敵わないほどの、大迫力。これはなんとしてでも写真におさめなければ。そう思ったところで、はっと、大きな過ちに気づいた。
 
しまった。三猿を撮るだけだと思っていたから、広角ズームを、家に置いてきてしまった。苦し紛れにファインダーをのぞき込んでみるけれど、やっぱりこの標準ズームでは、双龍図全体がおさまりきらない。ああ、悔しい。なんという失態!
 
はぁ、と肩を落として隣を見ると、風神雷神図屏風の前で見かけた、同じ機種のカメラを持った男性が、ちゃっかり広角ズームを装備して双龍図を撮っていた。
まわりにいるカメラマンたちは、これを撮るためにやってきた! とでも言うように、ここぞとばかりにシャッターを切っている。
 
わたしだって、初めからここに来るつもりでいたら、広角ズームを持ってきたのに。自分自身に言い訳して、悔しさを噛み締めながら、隣にいる男性を見つめた。きっと彼のカメラには、巨大な龍が頭から尾まですっぽりとおさまっているのだろう。いいなぁ。ずるいなぁ。うらやましいなぁ!
 
ぎりぎりと歯を食い縛っていると、よほど物欲しそうな顔をしていたのだろうか。視線に気づいた男性が、わたしのカメラをちらりと見て、
 
「……使いますか?」
 
「えっ?」
 
「広角ズーム。持ってないんやろ?」
 
ほら、と、自分のカメラから広角ズームを外して、わたしに差し出す。見知らぬ人に貸してもらうだなんて、図々しすぎやしないかしら。一応、わたしにも遠慮という心はあるので、手を伸ばすのを少し、ためらう。
だけど、その人のよさそうな笑みと、好奇心には逆らえず、結局受け取ってしまった。
 
「ありがとうございます」
 
広角ズームをカメラにセットして、もう一度、双龍図をのぞく。そうすると、迫力ある龍がすっぽりと視界におさまった。ああ、よかった! 撮りたいものが思うように撮れると、なんて気持ちいいのだろう。他人のレンズだということも忘れて、パシャパシャと何枚もシャッターを切っていると、ははっと、男性が声を出して笑った。
 
「やっぱり広角ズームだと全部入るやろ?」
 
「ほんとですね。よかった、家に置いてきてしまったことを後悔していたところなんです」
 
「まぁ普通は持ってないやろねぇ。本願寺の御影堂とか、でかいもん撮る時には必要になるから、お寺さん巡る時は持ってた方がええかも」
 
なるほど、今までそれほど広角ズームを使う機会がなかったけれど、やはり常備しておいた方がいいのかも。教授に出会う前だったら、広角ズームを持っていなかったことを、こんなに悔やんだかしら。まぁいいや、で済ませられないのはきっと、写真を見せたい人ができたから。
 
シャッターを切る手をとめ、そうっと、親切な男性を見る。標準ズームをカメラにセットして、釈迦如来座像を熱心に撮っている様子は真剣そのもの。この人は、いつも広角ズームを持ち歩いているのかしら。いつも、どんな写真を撮っているかしら。通りすがりのカメラマンのことが、ほんの少し、気になった。
 
「あの……」
 
「ん?」
 
「普段からお寺巡りをされているんですか?」
 
男性はうーん、と少し考えるように頭を掻いた。
 
「お寺というか、まぁ、京都をぶらっとしてる感じやね。写真撮るのが昔からすきで、暇さえあれば出かけてるかなぁ。……あなたは?」
 
「わたしもカメラが趣味で、最近はよくいろいろなところをまわっているんです。大学にいるうちにたくさん知識をつけたいなって……」
 
「へぇ、えらいなぁ。ひとりでそんなにまわっているなんてめずらしいね」
 
「あ、いえ。今日はひとりなんですけど、普段は大学の教授と一緒に」
 
「えっ、教授と!?」
 
ファインダーをのぞき込んでいた瞳が、ものすごい勢いでこちらに向いた。まるで芸能人でも見るかのような、驚愕と、羨望を含んだ眼差しだ。一体、何をそんなに驚くことがあったのだろう。わたし、変なことを言ったかしら。
 
「はい、文学部の教授と……あの、どうかしましたか?」
 
「いや……教えてくれる人がいるなんてうらやましいなぁ、と思って」
 
「うらやましい?」
 
「そう。ぼくは昔からひとりでまわってたから。知識が深い人とまわれるなんて、ありがたいことやね」
 
わたしは星の瞬きのように、何度も目をぱちくりさせた。
 
ありがたい、なんて。そんなこと、考えたこともなかったわ。呼吸をするように解説をしてくれるから、あたりまえすぎて気づかなかった。確かに、教授がいつも隣にいてくれるからこそ、その場所の歴史や見どころを十分に理解できるのだ。他の生徒なら、あの人の話を聞けるのは講義中だけなのに、わたしはいつも、講義よりはるかに深い話を隣で聞かせてもらっている。そう考えたら、なんて貴重なことなのだろう。一言多いのが、玉にきずだけれど。
 
そうだ、だからこそわたしは、あの人が喜ぶような写真を、たくさん撮らなくちゃ。わたし、それくらいしか、お返しができないもの。
 
気が済むまで双龍図を写真におさめてから、わたしは広角ズームを男性に返した。
 
「ありがとうございました。おかげで、いいものが撮れました」
 
「それはよかった。ちょっと、見せて」
 
広角ズームを受け取ると同時に、わたしのカメラをのぞき込んでくる。フレームいっぱいに写った2体の龍。雲の合間を縫って悠々と飛んでいるその様子を見て、にっこりと、満足そうな笑顔を見せた。
 
「ええの撮れてるやん。そのきつねさんも、嬉しそうな顔してるわ」
 
ストラップのこん様が、ぎくりとしたようにぶらぶら揺れる。何か言いたげな、でも、必死にそれを悟られまいと、口をきゅっと閉ざしているような、そんな表情だ。
 
男性はリュックに広角ズームをしまうと、じゃあ、と軽く右手を上げた。
 
「これからもいい写真いっぱい撮ってな。教授さんによろしく」
 
「……ありがとうございます!」
 
わたしは大きく礼を言って、男性を見送った。こん様とともに法堂に残され、今度は肉眼で、もう一度、双龍図を見上げた。わたしを呑み込んでしまいそうなほど大きく、気品のある、2体の龍。この光景を写真におさめられたのは、幸運としか言いようがない。
 
京都の風景を撮影している人って、多いんだなぁ。特にこういった、好奇心をくすぐられるような場所では、シャッター音が、絶え間なく鼓膜を震わせてくる。
 
あの人は、わたしが京都に来るはるか昔から、わたしの何倍もの時間をかけて、数え切れないくらい京都の写真を撮っているのだろう。わたしの知っていることなんて、わたしが撮った写真なんて、空から降る大量の雨の、ほんの1粒くらいしかないのだ。今は、まだ。
 
京都を巡っていたのなら、またどこかで出会うかもしれない。また、会えたらいいな。すっぽりと写真におさまった双龍図を見て、そんな、淡い期待を抱いた。
 
そういえば、肝心の三猿をまだ見つけていなかった。屋根瓦を注意深く見ていたけれど、やっぱりここでも見当たらない。
 
(次はどこへ行きますか、琴子さん)
 
期待と好奇心を抱いたように、こん様がわたしの顔をのぞき込んでくる。わたしはうーんと首を傾げた。インターネットで調べれば、きっと、すぐに分かってしまうのでしょう。けれどそれでは意味がない。自分で探さなければ、価値がない。
 
「次は……」
 
さあ、このカメラを持って、どこへ行こう。
 
 

正式名称  建仁寺(けんにんじ)
山号  東山(とうざん)
宗派  臨済宗建仁寺派
創建年  建仁2年(1202年)
住所  京都市東山区大和大路通四条下る小松町
電話番号  075-561-6363
URL  http://www.kenninji.jp/index.html
アクセス  ・京阪電車「祇園四条駅」より 徒歩 7分
 ・阪急電車「河原町駅」より 徒歩10分
 ・JR京都駅より 市バス 206系統・100系統
    市バス「東山安井」より 徒歩5分
拝観時間  ・3月1日~10月31日
  午前10時~午後4時30分(午後5時閉門)
 ・11月1日~2月28日
    午前10時~午後4時(午後4時30分閉門)
拝観料  一般 500円
 中高生 300円
 小学生 200円
 ※小学生未満のお子様は無料

HOME | 物語 | 14 大いなる哉「建仁寺」